ページの先頭です

【重要】2020年度後期授業方法の一部変更について

[2020年10月14日]

 

             2020年度後期授業方法の一部変更について

                                             教務部長

 

 現在の新型コロナウイルス感染症の状況、社会的要請や学生等からの要望を踏まえ、本学の「オンライン講義を中心としつつ、一部対面講義を実施する」方針の範囲内で、対面授業ができていない学科に、実習など対面授業を実施している学科と同程度の対面授業の機会を提供できるよう、1・2回生の専門科目を対象に、その一部を11月から対面授業とオンライン授業を同時に実施するハイブリッド方式の授業に変更することを検討しています。

 ハイブリッド方式の授業科目は確定次第発表します。履修登録変更期間中(10月19日~21日)には発表予定です。

 なお、現在の対面授業の開講状況や教室配当の状況により、授業方法の変更の有無・科目数は学科により異なりますのでご了承下さい。

 ハイブリッド方式の授業は、学生が対面授業かオンライン授業か自由に選択可能です。

 このため、遠方のため通学ができない等の場合はオンラインにて授業を受講して下さい。

 

お問い合わせ

京都府立大学学務課教務担当

電話: 075-703-5118 FAX: 075-701-2474

e-mail: kyoumu@kpu.ac.jp


【重要】2020年度後期授業方法の一部変更についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.