ページの先頭です

【生命環境科学研究科】PCR法によるソメイヨシノ開花予測技術の開発〜つぼみから開花に至るまでの遺伝子のはたらきを解析〜

[2022年2月18日]

京都府立大学(板井章浩教授)、島根大学(江角智也准教授)、かずさDNA研究所(白澤健太主任研究員)は共同で、サクラを代表する人気品種であるソメイヨシノで遺伝子発現に基づいた開花予測技術を開発しました。
現在、サクラの開花予想は、花芽の生育過程に影響を与える気温の変化に基づいて行われていますが、遺伝子の発現をPCR法で解析することにより、ソメイヨシノの開花時期を予測できるようになりました。
この技術は、同じバラ科のナシやモモをはじめとする、さまざまな果樹の開花予測への応用が可能です。
研究成果は、国際学術雑誌Frontiers in Plant Scienceにおいて、1月26日にオンライン公開されました。また、3月17日(木)から23日(水)に開催される園芸学会令和4年度春季大会(オンライン)にて発表いたします。

プレスリリース資料

プレスリリース資料

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


【生命環境科学研究科】PCR法によるソメイヨシノ開花予測技術の開発〜つぼみから開花に至るまでの遺伝子のはたらきを解析〜への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.